ロゴの作成

ロゴは簡単そうに見えますが、綿密な企画の元で作られています。ロゴを作成する際はまず、ロゴにどんなメッセージを込めるのかを考えます。このメッセージは企業理念を反映したものでなくてはいけません。ロゴタイプにシンボルマークの両方を作成するのなら、両者に一貫性を持たせる必要があります。それぞれに一貫性がないと、企業自体も一貫性がないと思われる可能性があります。

作成業者企業ロゴの作成はただデザインを考えるのではありません。そのロゴ自体が著作権に抵触していない事、他に似たロゴがない事を確認したうえで作成する必要があります。万一それらに触れるロゴだった場合、企業にそのつもりがなくても粗悪な企業である印象を与えてしまいます。オリジナリティのあるロゴが決まれば、今度は使用規定を作る必要があります

そしてホームページや冊子などの媒体にロゴを掲載する場合は、ロゴのイメージを損なわないようなページや誌面のデザインを考える必要があります。ホームページや誌面とロゴの印象がちぐはぐだと、両者が優れたデザインでも企業の印象は悪くなります。それら全てを考慮したロゴ作成は素人には非常に難易度が高いです。失敗した時のリスクも大きいですから、ロゴの作成は作成業者に任せた方が良いでしょう。


ロゴの役割

一言でロゴと言っても様々な役割を持っています。その役割によって厳密には呼び方が変わります。私達が一般的にロゴと呼んでいるものは「ロゴタイプ」に分類されます。ロゴタイプは企業名やブランド名を図案化したものです。企業名やブランド名そのものを覚えてもらえますから、企業全体をブランディングしたい時にはこのロゴタイプを使用します。

シンボルマーク一方「シンボルマーク」は、企業や団体の特徴や業種、名称の一部を取り出して図案化したものです。ロゴタイプに比べて自由度が高いため、抽象的なデザインが使用される事も多くあります。ブランドバッグの模様や日本の家紋も、このシンボルマークに分類されます。相手に印象に残りやすいため、同業者との差別化を計りたい時にも有効です。

ロゴマークとシンボルマークを組み合わせたものを「ロゴマーク」と呼びます。ロゴタイプやシンボルマークはそれぞれ相手に強い印象を与えますが、表現しきれない部分もあります。それらを補う事ができるのがロゴマークです。表現の幅も大きく広がりますから、より強い印象を相手に与え、差別化する事ができます。企業ロゴを作成する場合はそれぞれの特性を生かしてブランディング戦略を練る事が大切です。ロゴで企業の業績が左右される事もありますから、失敗を防ぐためにはプロに頼む事をおすすめします。


ロゴの種類

ロゴロゴは2つに分類する事ができます。ひとつは企業全体を表現するロゴで、もうひとつは製品やブランドなどに分けて作られるロゴです。企業全体を表すロゴは殆どの場合、その企業が持つコンセプトや企業理念、経営理念など、その企業の方向性を表すロゴとなります。例えばコンビニエンスストアの場合は毎日気軽に立ち寄って欲しいというコンセプトから親しみやすい色やフォントが使われます。病院なら清潔感表す色と堅実なイメージを与えるフォントのロゴが好まれます。しかし病院のコンセプトによっては、もっと気軽に相談して欲しいという方針からあえて親しみやすい印象を与えるロゴを作る場合もあります。

一方高級ブランド店や一部の上流層をターゲットにした企業では、誰でも気軽にというわけにはいきません。相手に与える印象は親しみやすさよりも厳格さ、特別感になります。特に一流と言われるブランドのロゴは模倣を防ぐためにも独特のデザインやフォントを使用したロゴが多いです。単純なように見えて綿密な企画のもとに製作されているのが企業ロゴです。

企業ロゴは個人でも作成できますが、一般的に企業ロゴは一度製作したら会社が存続する限り同じロゴを使用します。企業の将来を左右しますから、ロゴ作成はプロに頼む方が安心です。


ロゴのブランディング

一言でロゴと表現されますが、ロゴにも種類があり、それぞれがブランディングに役立っています。ロゴで表現されるものは企業全体を表現するものと製品やブランドに分けて作成されるロゴです。企業全体を表すロゴは企業の経営理念やコンセプトを表現しているロゴが多く、顧客を多く呼びたい、親しみやすい印象を与えたい場合にはそれに応じた色やフォントが使われます。一流ブランドのように顧客を選びたい場合はその顧客の階層に合わせた色遣いやフォントが求められます。そういったロゴは一般的にロゴタイプと分類されるもので、ロゴと一言で表現する場合はこのロゴタイプを指している事が殆どです。

ホームページロゴには他に企業全体ではなくその一部を強調したロゴマークと呼ばれるものもあります。ロゴマークは相手に与える印象が強く、抽象的なデザインが使われる事もあります。ロゴタイプとシンボルマークを合わせたロゴマークも最近ではよく使われています。ロゴが相手に与える印象は強く、ロゴによるブランディングを考える場合はロゴ作成会社への依頼が無難です。

ロゴは単にデザインを考えればいいわけではありません。企業ロゴは当然ですがオリジナリティが必要です。既に存在しているロゴに似たデザインや、著作権に抵触するようなロゴは企業の信頼を落とします。相手に与える印象を考えずにデザインされたロゴでは、顧客に受け入れられない場合もあります。またロゴはそれだけで使われる事は少なく、多くの場合はホームページなどに掲載されます。ロゴのイメージとホームページのデザインに統一感を持たせる事も必要です。