ロゴの役割

一言でロゴと言っても様々な役割を持っています。その役割によって厳密には呼び方が変わります。私達が一般的にロゴと呼んでいるものは「ロゴタイプ」に分類されます。ロゴタイプは企業名やブランド名を図案化したものです。企業名やブランド名そのものを覚えてもらえますから、企業全体をブランディングしたい時にはこのロゴタイプを使用します。

シンボルマーク一方「シンボルマーク」は、企業や団体の特徴や業種、名称の一部を取り出して図案化したものです。ロゴタイプに比べて自由度が高いため、抽象的なデザインが使用される事も多くあります。ブランドバッグの模様や日本の家紋も、このシンボルマークに分類されます。相手に印象に残りやすいため、同業者との差別化を計りたい時にも有効です。

ロゴマークとシンボルマークを組み合わせたものを「ロゴマーク」と呼びます。ロゴタイプやシンボルマークはそれぞれ相手に強い印象を与えますが、表現しきれない部分もあります。それらを補う事ができるのがロゴマークです。表現の幅も大きく広がりますから、より強い印象を相手に与え、差別化する事ができます。企業ロゴを作成する場合はそれぞれの特性を生かしてブランディング戦略を練る事が大切です。ロゴで企業の業績が左右される事もありますから、失敗を防ぐためにはプロに頼む事をおすすめします。